いま話題!?キャンプの感想 | トップスインターセプターの「在庫あり」ならコチラっ 2017年度 アウトドアフィッシングはコスパ効果が最強♪

ブレード厚が5mmもあるのでカミソリ並みとはいきませんが、最初からソコソコの刃が付いていました。実際!タントータイプではないですが!インターセプターでバトニングをしている映像がyoutubeに上げられています。これからガンガン使い倒します。

こちらです♪

2017年02月17日 ランキング上位商品↑

アウトドア インターセプター トップス フィッシング キャンプTOPS アウトドアナイフ 炭素鋼 インターセプター シース | トップス 登山 魚釣り フィッシング キャンプ 狩猟

詳しくはこちら b y 楽 天

釣りや登山用に購入。大きさはバックの全長がラブレス・ベレッタのシースナイフとほぼ同等の大きさで!一般的にコントロールしやすい手頃なサイズです。買った状態でそこそこの刃が付いていたので、取りあえずは刃を研がずに使うつもりです。大きさが手ごろでタフなナイフを探していて!デザインやグリップが気に入り購入。シースはナイフを押し込めばカチッとホールドされるタイプなので便利ですね。しっくり握れて使いやすく安定感がある。トレッキングやキャンプで使うために購入しました。このナイフは大きくないですが、ブレード厚が約4.7mm(実測)あるので、少々乱暴な使い方をしても問題なさそうです。キャンプの設置や撤収作業においては!ロープの切断やシートや段ボールを切ったりと!ラフに気軽に使えるナイフが重宝します。今までは同社のスカウトを愛用していましたが!もう少し長いと重宝かな?と!思う場面が度々あり少し長めのインターセプターにしてみました。多少雑に扱っても問題なさそう。汗等で濡れた手で握ってもハンドルの素材に吸収されるので滑ることは無く、しかも乾くのも早いようです。。サイズ的にも使いやすくデザインも良いので使い倒したいです。もともと全鋼のアメリカンナイフはさほど堅く焼き入れされていませんし!エッジがストレートなので研ぎやすそうです。